01生命保険ズバリ講座
閉じる

■■■いい職員(FP)悪い職員(FP)の見分け方■■■

知識・スキルは資格証明を見せてもらえば、ある程度は判断できます。しかし、大事な事は難解な用語でも、誰にも平易にわかり易く説明できる能力があるか、そして何と言っても顧客サイドに立ったFPであるかどうかが大事なのです。

具体的に言うと、
顧客のために、自身が取り扱う商品よりも、他社生命保険商品がいい場合に、私利私欲に負けないで、真にお客様の立場にたち、いいものはいいと、他者がいいのであればその他社を勧める(そういう情報を与える)ことができるか

又自社内でも、新規契約申込(担当者の給与になる取り扱い)では、規定上対応できなくても、保全(アフターフォロー)としてならできる(旧入院特約を新入院特約に変えるとか、入院特約の途中付加等々)場合ケースは多くあります。
 しかし、この保全という取り扱いは担当生保職員(保険代理店)の成績(給与の元)にならないことが多く、どうせなら新規契約(自身にとってためになる)になる切替(契約転換、コンバージョン)へリードしているのが現状です。

つまり、貴方様の申し出に対して、切替以外にも方法があることをキチンと説明してくれる職員かどうかということです。

そして、何と言っても切替を進められた時は、ご加入されている高予定利率の契約が切替すると同時に、現時点の最低の予定利率に自動的に下げられてしまうリスクも説明されているかが大事なのです。

但し、切替した方が、いい場合もあります。そのような商品の見極めに関しては「いい商品悪い商品の見極め方」を参照下さい。

この生命保険職員のいい悪いの見分け方ページのホームへ

 

 


閉じる

Copyright (c) 01SeimeiHoken ZUBARI Kouza, 2004
Powered By 01ストリーミングプロジェクト