病気でも入れる保険相談サービスを受けて(1)   その他生命保険・医療保険相談の詳細はこちら 静岡県 R・A(OL30代)
子宮筋腫でも最新医療保険に加入できた

通販の医療保険がいいと思い、テレビで有名な2社に申込みました。
子宮筋腫の経過観察中をそのまま告知したのですが、2社とも加入を断られました。
かなりショックでした。その2社は保険内容がかなり良かったのです。その後、ある保険サイトに相談したら、CMでやっている「持病でも入れる保険」を紹介されました。しかし、この保険は最低限の入院や手術はあるけど その他の特約が付かないし、保険料も少し高めでした。最初に、最新のいい保険を検討していただけに、その保険サイトで紹介頂いた「持病でも入れる保険」は、即、加入する気にはなれませんでした。 そこで、あまり期待しないで、いろいろとネットを検索をして、このサイト(生命保険ズバリ講座)にたどり着いた次第です。
個人情報なども、守ってくれる上に、無料の相談だったことがいいと思いました。
数日してから、回答がきましたが、素っ気無いメールで、追加情報も必要とのことでした。
とりあえず追加情報を返信したところ、かなり丁寧で、わかり易い回答を送ってくれました。しかも、驚いたことに「最新の医療保険に子宮は不担保だが、加入できる」との回答でした。 通販では、あっさり断られたし、前回の保険サイトでも最新保険は無理と言われてただけに、正直、「本当だろうか?」と、思いました。
しかし、いろいろなことをすごく丁寧に、ご説明して頂いたことで安心できました。
FPイチローさんによれば、まず、通販はそもそも真に健康な人専用の申込み形態で、私のようなちょっとした病気 (グレイゾーン)は、対応していないのだそうです。単純にグレイゾーンは、(代理店経由では何とかなるケースであっても)加入できないとの判断のみとなるとのことです。
又、代理店も全て同じ取扱いでなく、そのランクや、取扱い生保数、商品知識などは、ピンからキリまであり、その担当代理店によっても、全く違う対応になるとのことでした。
このサイトでは、主だった生保に「医事照会」なる加入可否の照会(匿名にて)をかけてくれたので、具体的な ことが分かりました。
そこで加入手続きをこのサイトでお願いしました。はじめは、静岡の代理店さんを紹介頂いたのですが、いろいろ勉強させて頂いたFPイチローさんに直接、手続きしてもらいたかったので、ご無理ついでに担当になってもらいました。投薬の関係からか、診断書も必要な少し面倒くさい手続きだったので、最初から経緯が分かっている方のほうが安心ですし。当然、通販では断られたものと同じ最新の医療保険に、無事加入することもできたこと、すごく感謝しています。ありがとうございました。


病気でも入れる保険相談サービスを受けて(2)   その他生命保険・医療保険相談の詳細はこちら    
埼玉県 (主婦30代)
子宮頚部異形成でも最新医療保険に加入できた

子宮頸がんの検診の際、子宮頚部異形成と診断されて、慌てて医療保険の加入を考えました。
数社に申込みをしましたが、子宮頚部異形成の状態のために、全部加入を断られました。
これまでに、小額の共済保険しか加入してなかったことを、後悔するばかりでした。
恐らく、どんなことをしても加入はできないと思いつつも FPイチローさんに、駄目もとで相談した次第です。
無料で、各生保会社に加入ができるかどうかを照会してくれました。
一週間くらいして回答頂きました。
診断書なども必要だが、先進医療特約の付いた医療保険に不担保で加入できる可能性があるとの内容でした。
実際、私は通販でなく、近くにある代理店にも相談をしてたのですが、子宮頚部異形成だと加入できないとの結果だったので、 子宮頚部異形成で、医療保険に加入できる可能性があるとは、にわかには信じられないことでした。
イチローさんによれば、「子宮頚部異形成Vでは加入難しいが、Uaの証明が取れる場合は加入の可能性がでてくる」とのことでした。
私の場合は、一度、異形成Vになって、今はUaの状態でした。
私の場合は、近所には、加入駄目だと言われた代理店しか知らなかったので、直接、イチローさんに手続きを頼みました。
丁寧に手順も教えて頂き、安心できました。その後、10日ほどで結果を頂き、無事に希望の終身医療保険に加入することができました。
秘密厳守に対応頂いたことで、すごく安心した中で相談・手続きができました。


病気でも入れる保険相談サービスを受けて(3) 
栃木県 N・K(会社員30代)
精神系の病気なのに、加入できた

仕事のストレスからか、3年前からうつになりました。
新入社員時代から、ある国内生保に加入してましたが、保険料高く、まだ独身の私にこんなに大きな死亡保障はいらないと思い、保障を減らして、医療保険の充実したタイプに変更したい と、会社に来ている生保の外交員の方に依頼しました。すると、いろんなプランを持ってきてくれたのですが、いざ加入手続きする段階になって、「うつで治療中の人のケース」 では、加入できないというのです。だったら、最初から、そう言えと思いました。こんな生保は解約して、違うとこで加入しようと考えて、会社に来ていた他の生保にプランしてもらおうと したのですが、全ての生保会社で駄目とのことでした。
その時に初めて、私自身にとっては、ちょっとした病気であるうつが、生保会社では、重い病気に見ていること。そして、加入できないことを認識したのです。
あまり深く考えないで加入していた保険ですが、よく内容を見てみると、入院給付は少なく、高額な死亡保険、2年後には保険料が倍近くに跳ね上がるのです。全く、私の生活に合ってない 保険だったのです。このままこの最悪の保険を続けるしかないのかと諦めていた時に、このサイトを見つけました。 親切に相談に乗って頂きました。又、いろんな生保会社に加入できるかなども確認してもらったみたいですが、やはりうつでは、すごく安い医療保険は加入できないということでした。
FPイチローさんは、緩和型終身医療保険を提案してくれたのですが、その保険は、何か病気の年配者の保険ってイメージがあって、いい保険ではないという印象だったので、そのことをいろいろ 質問したのです。相談の結果、提案の緩和型終身医療保険は、ベストではないけど、今の加入中の国内生保の保険よりはベターであること。
持病のうつも保障対象であること。通販でも加入できるけど、通販では将来の不払いリスクは高いこと。等々、メリット・デメリット、加入方法の最善策などを説明してもらいました。
この持病の保険は、保険料が高いイメージがあったのですが、選択できる商品の中で一番保険料が安く、内容のいいものを選んで頂いたので、前の保険よりも、保険料ががかなり安く なり、今ではとても満足しています。


病気でも入れる保険相談サービスを受けて(4) 
大阪府 K・S(主婦30代)
喘息の息子の保険を相談

小学3年生の長男ですが、気管支喘息です。加入できる医療保険を探していました。
私の母方は糖尿の親戚が多く、私はまだ糖尿ではありませんが、医療保険は特に必要性を感じています。夫婦で加入している生保の担当者に、喘息の息子が加入できる医療保険を探してと頼んだのですが、「喘息はどこの生保でも加入できません」との回答でした。
いろいろとネットでも調べたのですが、「無選択医療保険」には加入できることが分かりました。加入しようとしたところ「01生命保険ズバリ講座」の相談ページを偶然見つけました。無料でいろいろ相談に乗ってくれました。
そこで、「無選択医療保険」は、損であること。そして、何と言ってもいろんな生保会社に照会?してくれて、加入可能性のある生保会社の最新の医療保険があることを教えてくれたこと、すごく驚きました。
喘息不担保ですが、加入できるということです。
同じようなFPに聞いても、教えてくれる人と、分からない人があり、不思議には思いました。
又、FPイチローさんには、地元の親切な代理店も紹介してもらえたことも助かりました。診断書なんかも必要な面倒な手続きだったのですが、私が素人でうまく代理店に説明する自信がないという不安な点を相談すると、紹介先の代理店の方に、それまでの経緯や必要なことなどの連携までサポートして頂けたことは、安心できたことでした。普段の生活で、地元に知り合いの代理店なんか、全くいない私にとってはこれも良かった点でした。

病気でも加入できる医療保険相談のページはこちらクリック

保険・マネー相談サービスを受けて(1)   
東京都 E・K(自営業41歳)
生保を含め、家計(特に貯蓄)の見直しを相談

自宅購入を機に、老後の資産形成についての相談をしました。
今までは、貯蓄は銀行の預金と国民年金だけだったので、長寿時代を考えて、より有効な資産形成のためのアドバイスを貰いたかったのです。
まず、ご指摘頂いたのは、生命保険の保障が重複しているので、この過剰部分をカットしました。(住宅購入同時に加入させられる団体信用保険の分も重複するので、その分の保険金額を減らせるとのことでした)
さらに、医療保障については、逆に不足な部分をカバーできる保険を教えてもらいました。
また生保同様に、あまり深く考えずに複数の貯金をしていたのですが、ほとんど金利がつかないものばかりに、ずっと掛け続けていたことはこの時、初めて知りました。さらに、国民年金は死んでしまえばその時点で貰えないこと。国民年金の支給開始年齢65歳は、固定でなく、将来の制度変更で引き上げられる可能性がある年金だと、恥ずかしながらこの時に知りました。
当初は、今、高金利で話題の外貨建て年金に全額を入れ替えようと考えていたのですが、この外貨建て年金のメリットだけでなくデメリットも教えて頂き、半分を外貨建て年金、そして半分を国民年金基金で運用することが決まった次第です。
国民年金はパッとしませんが、国民年金基金は非常にいいものように思えました。なので仕方なく国民年金はそのままの継続となっています。
結果として、見直し前では65歳時点に最大で3,000万円の貯蓄予定が、生保の見直し分を貯金に回したこともあるのですが、何と4,000万を超える資産形成が可能になりました。
当初、マネー雑誌だけの知識を頼りに、見直すつもりだったのですが、それでは失敗していたと思います。専門家の多角度からのアドバイスは本当に、勉強になりました。


保険・マネー相談サービスを受けて(2)
埼玉県 K・T(会社員31歳)
国内E生命 アカウントタイプの見直しを相談

2年前結婚を機に、生命保険に加入しました。
生命保険については、全く知識もなく、これくらいは最低必要だと言う担当者の言葉に 何の疑問もなく、4000万円の貯蓄性もあるという保険に申込んでしまったのです。 保険料は2万5千円でした。
しかし、子供も生まれ、賃貸から分譲マンション購入をしたことで、 将来の教育資金等のため、貯蓄することも考えると月払保険料の2万5千円は かなりのウェートを占めてしまします。
そこで、今回このサイトで診断を依頼したのですが、自分のチェックの甘さを痛感しました。
自分なりに書類は、何度もチェックしたのですが、今回一番の問題点である保障額の4000万円は 担当者がコンピューターで算出した金額5000万円であると記載されていたので、 「こんなもんなんだろうな」ぐらいしか思いませんでした。
今回、FPイチローさんのご指摘は目が覚めるものでした。
・必要保障額は想定次第では、いくらでも高額になること。
・国内生保では、その高額な想定を設定していること。
・その高額な想定とは、不幸な死亡発生なのに、遺族が裕福になってしまうレベルであること。
等々を紙に書いて、説明して頂き最低限の「適正必要保障額」を算出して頂きました。 私の場合は、現状の半額である1900万円でいいとのことでした。 その4000万円と1900万円の減少分は、住宅ローンが団信により相殺されることや国からの 遺族年金及び妻のパート収入等々を加味したものとできる、納得のいく説明をして頂きました。

月々保険料は2万円に減額でき、ずっと懸念であった保険料の途中値上がりもなくなり、 総支払保険料では、500万円以上節約できて大満足です。


保険・マネー相談サービスを受けて(3)
神奈川県 F・H(主婦38歳)
国内A生命 夫の定期保険付終身保険の見直しを相談

以前より、A生命のT営業職員さんから切替を勧められていました。
・後3年で更新を迎え、このままだと3年後に、保険料が現在の2万2千円から2万9千円にアップすること
・医療が現在5日以上の更新タイプを終身医療に変更したい
・成人病等の特約の充実も希望
結局、今がA生命なので、A生命の切替プランに決定しました。保険料も3千円アップの2万5千円 許容範囲。医療も希望通りに。さらにT職員さんに、デメリットは?と聞くと「終身が500万が250万に減少します。その他にはデメリットはありませんよ」ときちんとデメリットも説明を受けました。
ところが、3ヶ月経過して、このサイトをたまたま見ました。切替についての詳しい解説の中に「下取り価格を入れる部分により、財産価値が全く違ってきます」と。もしかしてと思いT職員に確認すると「保険料を極力安くしたいとのご希望だったので、下取り価格を定期に入れるタイプで設計、下取り価格が最終的には、0万になることについては聞かれなかったし、終身下がるのも了解のお客様だったので、勝手に貯蓄志向のお客様でないと判断して・・・」とのこと。
解約返戻金等の下取り価格は80万円もありました。A生命の上司も来て、説明されましたが、納得しませんし不信感はなくなりませんでした。

そこでこのサイトで、提携代理店をご紹介して頂きました。このサイトのコンサルティング担当者を評価できるサービスはいいと思いました。相談は低料金でもあるし、コンサルティングプランや接客応対を顧客側で、評価できる分、少しはましかなとも思いました。

ご紹介頂いたFPの方に見てもらうと下取り価格を定期保険部分に入れると最後0になるのだが、切替時から段々と下がっていく仕組みなので、切替したばかりなので下取り価格は切替前とほぼ同額が残っているとのことでした。

結局、A生命は解約して80万円近くは戻りました。保険は外資B生命の終身保険、終身医療、定期保険に加入しました。定期の保障は半分くらいに下がりましたが、保険料も定期以外は更新しないタイプで満足できました。別途で、資産作りについても丁寧に教えて頂きました。

半年後に、評価付けすることになりますが、現時点で紹介のFPの方はマル評価です!!


保険・マネー相談サービスを受けて(4)
千葉県 A・M(主婦26歳)
国内B生命 夫の定期保険付終身保険の見直しを相談

遺族年金分が余分な保障になっていることを指摘して頂き、希望の医療を充実した上に、更新しないタイプで、何と総払込保険料で350万円低減できました。
今までの国内B生命の担当者は「今より保険料を高くしないと医療は終身タイプに変更できない」との説明を信用して、危うくそのままB生命の切替をするとこでした。

東京都 M・A(自営業73歳)
新規で入院保険加入を相談

自分は高齢なので、よくコマーシャルでやっている「誰でも入れます」しか入れないと思い、その「誰でも入れます」に加入しようと考えていたのですが、息子が一度御社の「無料マネー・保険診断で聞いてみれば」との助言を受け、相談に乗って頂きました。
73歳の私にも充実した入院保険に加入できるとの回答をもらいました。
保障内容も「誰でも入れます」の10倍以上ありました。素人判断で安易に決めなくて、本当に良かったです。

東京都 K・R(会社員31歳)
国内C生命 6年掛けていた終身保険の見直しを相談

今回、総払込保険料で500万円近く節約ができました。500万円支払を圧縮できたこともそうですが、今回だけでなく、今後も相談に乗ってくれるFPに出会えたことは大きな成果でした。

東京都 T・S(主婦45歳)
国内D生命 夫の定期付終身保険の見直しを相談

雑誌を読んで、研究してわかったつもりで自己判断で加入するつもりでした。しかし、慎重派の妻が安い料金だし、一応プロの意見を聞いてみることにしました。直接FPから聞いたとき、目からうろこの新発見でした。私が全く見落としていたポイントを数点教えて頂きそのまま自分の考えだけで契約していたらと考えるとゾッとします。そのすばらしい診断力について、「貴方はすごい優秀ですね」とその方に言ったら、「別にそんなこともないのです。ただ自分だけテェックして見えないことも第三者がすることで見えることもあるのです。」とのことです。その謙虚さに又、頭が下がりました。

埼玉県 T・M(会社員35歳)
結婚を機に保険加入を相談

いろいろな会社の資料を取り寄せ、何とか自分で研究しようとしたのですが、余計どれがいいのか判らなくなりました。低料金でもあり相談したら明解に各商品の共通点、相違点を教えて頂き、又、自分に何が必要かも親切に教えて頂きました。やはり、素人には限界があると思い知りました。相談して、本当に良かったです。

千葉県 F・M(主婦40歳)
国内A生命に契約転換したことを相談

切替か否か 200円のアップで切替できるプラン しかもデメリットはないと言う担当者に、すぐ加入してしまいました。あまりうまい話なので気になり、契約後で、もう契約し直すことはないので、このサイトの相談者に申し訳ないと思いつつ、今回相談しました。やはりデメリットはありました。全然気付いていない点を数点指摘してもらいました。
憤りを感じて解約しようと思いましたが、相談のFPの方が、「貴方のニーズを考慮すると、貴方にはこれはベターな商品ですよ」とのこと。冷やかしとも取られないような相談内容にもキチンと対応して頂き、モヤモヤな気持ちが晴れました。本当に感謝です。

東京都 K・K(会社員43歳)
国内B生命の減額処理について相談

見直しで保険料を減らしたいと言ったら、逆に切替プランと言って保険料の増額を持ってきた、どうしても保険料を減らしたいと言ったらやっと減額してくれた。これで完全に希望どおりだと思った。半年ぐらいして、この01に診断してもらいました。月々もそうだが、トータル保険料の低減希望の私 実は払い方が更新型であるということが変わらないので、安くなったのはあくまで当面だけで、更新時にグッと保険料が上がってしまう保険料払込方法は変わらないのです。最終的な払込総額はさほど変わってないとのことでした。01さんからは私の希望の月々とトータルの両方が支払える範囲のニーズにあった商品をご提示して頂き満足できました。

神奈川県 W・A(主婦31歳)
国内A生命の終身保険の見直しを相談

今加入の国内生保で、何度も担当者に来てもらい見直しプランを・・・でもどうしても保険料がアップ(5000円アップ) その方がいうにはそのプランより安くはできない 一番いいプランだと。 私自身仕方ないかと思っていたのですが、なんと今回01の診断して頂くと何と保険料を逆に2千円下げて、よりいい内容に見直しできたのです。やっぱりプロの意見を聞いて、正解でした。

Copyright (c) 01SeimeiHoken ZUBARI Kouza, 2004
Powered By
01ストリーミングプロジェクト